1. 加圧ナビTOP
  2. 加圧 美肌・アンチエイジング
  3. コンテンツ
  4. 加圧とお肌の関係
  5. 夏本番!!気になる紫外線対策、紫外線と加圧の関係

加圧とお肌の関係

夏本番!!気になる紫外線対策、紫外線と加圧の関係101000加圧とお肌の関係のRSSを購読する

紫外線って???

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光のことです。 太陽光線は、大きく3つにわけて、紫外線、赤外線、可視光線があります。可視光線は地上に光を、赤外線は熱を送っています。紫外線は皮膚でビタミンDを合成します。しかし、ビタミンDは冬の弱い太陽光線を浴びるだけで十分合成されることや、食事から摂取することも可能であることを考えると、紫外線はそのエネルギーの高さゆえに、地球上の生命体及ぼす有害な影響の方がクローズアップされざるを得ないようです。
ここで紫外線は、さらにUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。 このうち、UV-Cと呼ばれる最も有害な紫外線は、ほとんどがオゾン層によって吸収されてしまうため、地球上には届きません。
UV-Aは太陽が最も高くなる5月に最も多くなります。しかしながら、最も少ない冬の時期においても、UV-Aは2分の1にしかならず、年間を通して紫外線対策をする必要があるようです。また、UV-Bはオゾン量が最も減る8月頃に最も多くなります。

紫外線の対策

紫外線に当たらない
服装は・・・・・色は濃い目のポリエステル生地
サングラス・・・大きめで間の横までカバーできるもの
帽子・・・・・・つばが大きいもの(麦わら帽子など)
日傘・・・・・・濃い色の方が紫外線を通しづらい
日焼け止めクリームの活用
UV-B対策には SPF
UV-A対策には SP
なお、日常生活で浴びる紫外線はSPF10やPA+で十分です。アウトドアやマリンスポーツなど屋外に長時間いる場合は、その程度に合わせて、日焼け止めの指数の高いものを選択するとよいでしょう。

お肌そのものに抵抗力をつける。やはり栄養・休養が基本ベースとなります。

紫外線と加圧

加圧=成長ホルモンの大量分泌があります。
成長ホルモンは脳の視床下部の信号(GHRH)により脳下垂体とよばれる器官から分泌し血液を通して全身に配られます。脳下垂体から分泌する成長ホルモンの量は、体全体の各器官、組織の再生・維持をします。
年齢と共に成長ホルモンの量が減少すると、外見的には肌が薄くなりシミ、しわなどが増え、体力的にはスタミナが衰え、精神的には気力・認識力の低下が始まり、いわゆる老化現象を感じるようになります。
やはり紫外線で受けるダメージを、成長ホルモンの作用により新陳代謝促進、美肌再生への働きかけにより回復ととらえて間違いなのではないでしょうか。

完璧に紫外線ブロックをするにはやはり限界がありますね。
そこは自身の肌力で再生しましょう!!すなわち定期的な加圧トレーニングの実行ですね!!

加圧とお肌の関係の関連記事

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。