加圧でカラダの中から<br />アンチエイジング

アンチエイジングと成長ホルモンの関係102000加圧でカラダの中から<br />アンチエイジングのRSSを購読する

成長ホルモンに関する治験

前回、ご説明したように、アンチエイジングと成長ホルモンは深い関わりがあります。
1990年7月5日、権威ある医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に医学史上に残る論文が発表されました。
それは高年者に対する初めての成長ホルモン投与の治験に関するものでした。

この論文をまとめたウィスコンシン医科大学のダニエル・ラドマン博士(Daniel Rudman)と同僚らは、61歳から81歳までの男性12名に対してヒト成長ホルモン注射を6ヶ月間実施し、その効果を同年齢の対象グループと比較しました。

成長ホルモンに関する治験の結果

結果は世界各国の新聞に大きく取り上げられました。
ホルモン注射を受けた人々は、食事療法や運動をしなかったにもかかわらず、除脂肪体重が平均して8.8%増え、脂肪が14%減っていたのです。肌も厚みと強度をまし、脊椎の腰骨部分が増えていました。

つまり成長ホルモンは、肥満して、もろくなっていた高齢者の体を強く、しなやかにし、若返らせたのです。
その論文には、こう書かれていました。
「ヒト成長ホルモンの6ヶ月投与が除脂肪体重と脂肪組織に及ぼした効果は、10年ないし20年間の老化過程で生じる変化に匹敵するほどの規模であった。」
この論文発表の後から、世界中で次々と成長ホルモンとアンチエイジングに関する研究発表がなされました。

成長ホルモンとは、私たち人類が夢にまで見た『永遠の若さ』と『永遠の美』を実現してくれる魔法の薬なのでしょうか?!

加圧トレーニングと成長ホルモン

ダニエル・ラドマン博士らの治験で使用した成長ホルモンは注射によるものでしたが、注射に頼らなくとも、私たちは自ら成長ホルモンの分泌を促すことができるのです!
それが、まさに『加圧トレーニング』なのです。

では、加圧トレーニングでどのように成長ホルモンを分泌させることができるのでしょうか?
その鍵は『乳酸』にあります。

乳酸とは、そう、あの筋肉痛の原因だったり、疲労物質と呼ばれていたり、なんだか悪者のイメージがありますが、最近の研究では、逆に疲労を軽減させてくれる物質だと考えられるようになっています。

筋トレなどを行うと乳酸が生成されますが、成長ホルモンはこの乳酸の濃度に反応して、脳の下垂体から分泌されます。
これが、筋トレ=成長ホルモンの分泌増大 のメカニズムです。
そして、その乳酸の濃度をMAXまで引き上げることに成功したのが、加圧トレーニングなのです。

加圧トレーニングは、まさに、私たち自身の力で体を若返らせる、最高のメソッドだということですね。
私たちの自身が作り出したホルモンですから、安全性はもちろん、その効果も最高です。
加圧トレーニングを継続することで、成長ホルモンの分泌を促し、その結果、素晴らしいアンチエイジング効果が期待できるといえるでしょう。

次回は、成長ホルモン以外にもある、加圧トレーニングのアンチエイジング効果についてお話しますね。

加圧でカラダの中からアンチエイジングの関連記事

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。