メタボリックシンドロームとは?

メタボってなに?メタボリックシンドロームとは?のRSSを購読する

あなたはメタボ!?

メタボリックシンドロームとは、中性脂肪が内臓のまわりにたまりすぎことによって、血糖値や血圧値(コレステロール値)に異常が生じることが重なり、本格的動脈硬化による病気(動脈硬化性疾患)が起こりやすくなっている状態をいいます。
一言でいうと、「脂肪過多による生活習慣病予備軍の人たち」のことです。
簡単な診断基準がこちらです。

画像

法の変化

2008年4月から厚生労働省による『メタボ健診』が、40~74歳(妊娠など除く)を対象に義務づけられました。
『メタボ健診』とは新しい健康診断制度で、特定健康診査と特定保険指導のことをいいます。
その背景には医療費の増大があり、現在メタボ予備軍も含め約2000万人といわれる対象者の生活習慣病を防ぐことを目的とされています。
高齢化社会のなかで、国が運動やトレーニングの重要性を発信していく時代になってきています。
具体的にはメタボと診断された人は『動機づけ支援』か『積極的支援』を受けることになっています。

  • 『動機づけ支援』 → 原則1回でグループor個人指導を受ける。
  • 『積極的支援』 → 3ヵ月~6ヵ月に渡って医師や保健士、管理栄養士の指導を受ける。

いずれにしても、メタボと診断されないように生活習慣を見直したり運動したりすることが、国益また個人の利益につながります。

メタボの原因

メタボリックシンドロームは、内臓の中性脂肪が多い状態なので、原因としては日々の生活習慣が一番にあげられています。
簡単な例をあげると、一日のうちで座っている時間の長い人ほどメタボリックシンドロームの割合が多いようです。メタボリック(=代謝)という意味ですので、摂取したエネルギーがうまく代謝されない人がメタボになっていくと考えられます。

*次の項目で5個以上あてはまる人は要注意!

メタボ対策

対策としては、メタボ検診の対象が40~74歳ですので、この年代は筋力の低下を防ぐことが大切です。
まずは大筋群を意識的に使うことと、歩行に携わる大腰筋や、加齢に対して筋委縮が大きい大腿四頭筋などをしっかりと鍛えることなどが体のケアにおいて重要です。

食事はバランスの良い和食を中心に。バナナ、豆腐、納豆、キャベツ、寒天などいろいろなダイエット情報がありますが、いかに適量を気持ちよくストレスなく摂取できるかが、コレステロールコントロールにおいて大事になってきます。その意味で手軽にすばやく取れるバナナは消化や吸収、エネルギー代謝の面からも朝や間食などにお薦めします。

実際には、いろいろな値が基準値より高くても、メタボと診断されない人もかなりいます。
その方たちは十分に注意が必要です。皆さん、今はメタボと診断されていないからと安心せずに、日々健康を心がけましょう!!

メタボリックシンドロームとは?の関連記事

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。