短時間でメリハリボディ<br />加圧ダイエット

加圧トレーニングにおける脂肪燃焼のメカニズム短時間でメリハリボディ加圧ダイエットのRSSを購読する

有酸素運動だけのダイエットは大変!?

画像

脂肪を燃焼させるためには、ウォーキングや軽いジョギング、自転車こぎ、スイミングなどの有酸素運動を15分以上続けるといいと言います。
さらに、このような15分以上の有酸素運動を週2,3回繰り返すと脂肪燃焼(ダイエット)に効果的とされています。
では、実際に15分の有酸素運動でどれくらいのカロリーが消費されるのでしょうか?
例えばジョギングの場合、体重や走る速度にもよりますが、せいぜい100キロカロリーといったところでしょうか。
これを週に3回繰り返したとします。1ヶ月で約12回。単純計算すると合計で約1200キロカロリーということになります。
一方、1キロの体脂肪を落とすためには、どれくらいのカロリーを消費したらよいでしょう?
答えは、なんと7700キロカロリーです。
前述のジョギングだと、6ヶ月続けたとしても、1キロの体脂肪も落ちない計算になります。
有酸素運動だけで脂肪燃焼させることが、実際にはいかに大変かがわかりますよね。

加圧トレーニングとダイエットのメカニズム その1

それでは、なぜ、加圧トレーニングだとダイエットに効果的なのでしょうか。
まずは、加圧トレーニングがどのようなメカニズムで脂肪燃焼に働くのかを説明します。
加圧トレーニングを行うと、成長ホルモンが大量に放出されます。成長ホルモンはさまざまな働きをしますが、その一つが、体脂肪を遊離脂肪酸へと分解し、血中に放出することです。ここで有酸素運動を行うと、遊離脂肪酸は燃焼されてエネルギーに替わります。
そこで加圧トレーニングの直後には、トレッドミル(ランニングマシン)や自転車エルゴメーターといった有酸素運動を組み合わせているのです。

画像

加圧トレーニングとダイエットのメカニズム その2

さらに、成長ホルモンには、筋肉を合成する働きもあります。
この筋肉の合成にも遊離脂肪酸はエネルギーとして使用されるので、加圧トレーニングで筋肉をつけることは、直接、脂肪燃焼にもつながるわけです。

加圧トレーニングは、

  1. 1.トレーニングそのものによるエネルギーの消費
  2. 2.筋肉を作るためのエネルギーの消費
  3. 3.筋肉がつくことによって、普段の生活での脂肪燃焼を促進

という3つの脂肪燃焼のメカニズムが働くことから、週1回でも有効なのです。

始めに、有酸素運動を週に2,3回、半年間行ったとしても1キロの体脂肪を落とすのも難しい説明をしました。
では加圧トレーニングではどうでしょう。
なんと週1回、1,2ヶ月間のトレーニングで1キロの体脂肪減が可能なのです。

「体脂肪がなかなか落ちない。体脂肪率が変わらない」とお悩みの皆さま、ぜひ加圧トレーニングを始めてみて下さい。

次回は【部分やせ】についてお話したいと思います。

短時間でメリハリボディ加圧ダイエットの関連記事

ガイド紹介

成田裕紀
ヒルズスパチーフインストラクターとして、年間100人以上のトレーニング指導を有し...
成田裕紀
SkinGym(スキン・ジム)
「ボディ」「スキン」両面からエイジレスを追求する、 唯一のフィットネスジム。 

パーソナルトレーニングや医療機器トリートメントで 締まったカラダと潤ったお肌をつくります
SkinGym(スキン・ジム)

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。