1. 加圧ナビTOP
  2. 加圧 ダイエット・メタボリックシンドローム
  3. コンテンツ
  4. 落ちにくい脂肪、落ちやすい脂肪
  5. 「2種類の脂肪 皮下脂肪と内臓脂肪」それぞれの特徴を知ることで、効率的にダイエット

落ちにくい脂肪、<br />落ちやすい脂肪

「2種類の脂肪 皮下脂肪と内臓脂肪」
それぞれの特徴を知ることで、効率的にダイエット落ちにくい脂肪、落ちやすい脂肪のRSSを購読する

実は身体を守る大切なパートナー!?

皮下脂肪は、皮膚のすぐ下についている脂肪で、筋肉の外側につく脂肪のことです。

皮膚の厚さは場所や人によって違いますが、一番厚さに影響するのが皮下脂肪の厚さです。脂肪が気になる皮膚をつまんでみるとよくわかります。下図のように、脂肪は真皮の深い部分に脂肪細胞の固まりが貯まってくるのです。
そんな皮下脂肪にも重要な働きがあります。
それは、脂肪は熱を伝えにくいため、体温の保存に役立つこと。そして、やはりクッションとしての働きもあると考えられます。現代のように暖房設備が整っていない時代、寒空の下、人は皮下脂肪を蓄えて冬を過ごしたのです。また、クッションとしての働きを持つことで、内臓を保護することができます。

また、皮下脂肪には体の中でエネルギーとして使われなかった栄養が一時的に蓄えられるので、貯蔵エネルギーとしても重要です。もちろん、体の各所に脂肪組織は蓄えられますが、皮下脂肪は他の部位よりもかなりの割合を占めます。妊娠して太るのは、生まれてくる赤ちゃんのエネルギーを蓄えているんですね。そのせいか、男性に比較して女性の方が元々皮下脂肪は厚くなっています。女性特有の美しい曲線美は皮下脂肪があってこそのものです。


恐ろしいのは...内臓脂肪

内臓脂肪はその名の通り、腹筋の内側や肝臓、腸などの内臓の周りにつく脂肪のことです。

内臓脂肪には内臓の位置を正しく保ったり、皮下脂肪と同様に外部からの衝撃を和らげるクッションの役割があります。
しかし、つきすぎると高血圧や糖尿病、肥満、高脂血症などの生活習慣病を引き起こすとも言われています。

見た目にお腹がぽっこり出ていて太っている人は、内臓脂肪が蓄積されている可能性が大きいです。
しかし、見た目だけにとらわれて、「自分はあまり太っていないから大丈夫だろう」と安心している方も多いのではないでしょうか。
実は内臓脂肪は見た目に関係なく、肝臓や腸のまわりに蓄積される脂肪なので、痩せていると思っている方でも十分に注意が必要です。

内臓脂肪によって生活習慣病にかかると、たとえ軽度だったとしても、重複して発症すると動脈硬化などの危険性が格段に高くなってしまいます。定期的に内臓脂肪の検査を受けて、生活習慣の改善と内臓脂肪に対して常に意識するように心掛けることが、大切な体を守るための重要ポイントですね。

内臓脂肪は、特に男性の方につきやすいので、食べすぎや飲みすぎには十分お気をつけください。

皮下脂肪と内臓脂肪を減らすには

内臓脂肪も皮下脂肪も、基本的には日頃の食事や運動などの生活習慣が大きく影響していると言われています。比較的すぐに影響を受けやすいのは内臓脂肪!
内臓脂肪は「普通預金」のようなもので、すぐに溜まる一方、生活習慣を少し改善すれば簡単に落とすことができると言われています。
それに対して皮下脂肪は「定期預金」のようなものです。
いざという時のために取ってある反面、なかなか使う機会も少なく、減らすのに苦労をするといったことも言われます。どちらも日々の生活習慣を改善することにより、脂肪の過剰な蓄積を防ぐことができます。
食生活と日ごろの運動量を見直すことで、健康な身体を手に入れましょう。

  • ①デザートやアルコールを少なめに
    甘いデザートや脂っこい料理(揚げ物、炒め物、油の多い肉料理など)やお酒の飲みすぎは、体脂肪の蓄積の原因となります。 まったく食べないようにするのではなく、多めに食べてしまった次の日には食べるのを控えるなどして調整するようにしましょう。
  • ②1日3食 朝と昼にしっかりと食事をしましょう
    夜は日中に比べて消費されるエネルギーが少ないため、残ったエネルギーが脂肪として蓄積されやすいと言われています。 逆に朝は、寝起きの身体は飢餓状態になっているので、栄養を補給してあげなければ日中のエネルギーが足りなくなってしまいます。 そうなると脂肪も燃焼しにくくなるので、効率の悪い身体になってしまいます。
  • ③炭水化物を抑えて、ミネラル・たんぱく質を多く摂る
    体脂肪を減らすためには、低カロリーで腹持ちの良い食材を取り入れることがポイントです。 野菜や海草、キノコ類を食事にたっぷり取り入れましょう。 これらの食品にはビタミン・ミネラル・食物繊維などが多く含まれ、栄養素をしっかり摂取することによって体脂肪を燃やしやすい体を作ることもできます。 また納豆や豆腐なども比較的満腹になりやすいので、オススメです。

  • ①意識して運動量を増やしてみましょう
    内臓脂肪などの体脂肪を燃やすためには、有酸素運動が最適です。
    日常生活でも普段から積極的に歩いたり、自転車に乗ったりすることで運動となり、体脂肪を燃やすことができます。
    エスカレーターではなく階段を使う、1駅手前の駅で降りて散歩しながら帰宅するなど、運動量を増やすタイミングはどこにでもあります。

    息切れするような運動を有酸素運動と思っている方も多いのですが、ダイエットにはじんわり汗をかく程度の運動で十分です。
    気軽に楽しく運動を取り入れてみてください。
  • ②筋肉を増やしてエンジンアップ
    筋肉を鍛えることにより、基礎代謝を増やすことができます。
    基礎代謝が上がると消費されるエネルギー量が増え、体脂肪が蓄積されにくい体を作ることができます。特に、内臓脂肪が気になる場合は、お腹周りのストレッチなどがおすすめです。

    加圧トレーニングがオススメの理由は、加圧トレーニングは効率的に筋肉量を増やすことができると同時に、成長ホルモンによる脂肪分解の効果も期待できること。
    また加圧トレーニングをした30分後からの有酸素運動は、直後に行うよりもさらに効果的なんですよ。

落ちにくい脂肪、落ちやすい脂肪の関連記事

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。