加圧の後に行うと効果的な有酸素運動

記事一覧加圧の後に行うと効果的な有酸素運動のRSSを購読する

  1. vol.06

    有酸素運動の健康促進効果

    慢性疾患とは高齢者に多くみられ糖尿病や高血圧に代表される長期間にわたって治療が必要な病気の総称です。慢性疾患はほとんどすべての病気の分野に存在し、高齢化が進んでいる現代ではこれに該当する人がとても増えています。

  2. vol.05

    有酸素運動の効果

    有酸素運動を開始して20分後くらいから、体脂肪(中性脂肪、内臓脂肪)がメインのエネルギー源として使われます。
    内臓脂肪が減ることによって生活習慣病のリスクが減り、ダイエットにも効果があります。

  3. vol.04

    有酸素運動の種類

    一番簡単で手軽にできる有酸素運動は、なんと言ってもウォーキングです。
    シューズとウェアさえあれば、すぐにでも始められます。
    例えば加圧トレーニングの帰りに一駅20分歩いて帰るというように、運動のための時間もとりやすいのもいいところ。
    コツとしてはただダラダラ歩くのではなく、頑張って歩きましょう!

  4. vol.03

    加圧の後の有酸素運動が効果大!

    加圧トレーニングを行っている人にとって、有酸素運動を加圧トレーニングの後に行うとどんな効果が期待できるのか。気になるところですよね。
    加圧トレーニングの後に有酸素運動を行った際の脂肪減少効果には、2段階のステップがあります。それは脂肪の「分解(加圧トレーニング)」と「燃焼(有酸素運動)」です。

  5. vol.02

    有酸素運動の基礎知識

    「有酸素運動って、ガンガン走ったりバイクを漕いだりすればいいの?」
    「どのくらい運動すればいいの?」
    そこで今回は、体脂肪を落とす有酸素運動の基礎を説明します。
    有酸素運動を始めるにあたって知っておきたいのが、運動強度(心拍数)の管理です。
    息切れしてしまうようなペースの有酸素運動では、身体が酸素を十分に取り込むことができません(このような運動は無酸素運動といって、主に使用されるエネルギーは糖質で、しかも長時間の持続は不可能)。
    かといって、ゆっくり歩くのも効果は少ない。
    身体が酸素を有効に使えるようなペースで運動をする必要があるのです。

  6. vol.01

    加圧トレーニングの後に行うと効果的な有酸素運動

    まずは有酸素運動ってどんな運動なのかを説明します。
    運動をする際、エネルギー供給に酸素を消費しないものを「無酸素運動」(アネロビクス)、酸素を消費するものを「有酸素運動」(エアロビクス)といいます。

    有酸素運動(エアロビクス)は、呼吸によって取り入れた酸素を、体内の糖質や脂質と結びつけてエネルギーを作り出す運動で、ウォーキング、ジョギング、バイクやダンスなどがこれにあたります。

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。