加圧の後に行うと効果的な<br />有酸素運動

加圧トレーニングの後に行うと効果的な有酸素運動加圧の後に行うと効果的な有酸素運動のRSSを購読する

有酸素運動とは?

まずは有酸素運動ってどんな運動なのかを説明します。
運動をする際、エネルギー供給に酸素を消費しないものを「無酸素運動」(アネロビクス)、酸素を消費するものを「有酸素運動」(エアロビクス)といいます。

有酸素運動(エアロビクス)は、呼吸によって取り入れた酸素を、体内の糖質や脂質と結びつけてエネルギーを作り出す運動で、ウォーキング、ジョギング、バイクやダンスなどがこれにあたります。
有酸素運動の特徴は、体内の脂肪をエネルギーとして消費することが出来るということです。適度な強度、順序、時間で行えば体脂肪は確実に燃えて行きます。強度、順序、時間などについては後に説明していきますね。

有酸素運動の効果

では、有酸素運動はどんな効果が期待できるのか。具体的に述べていきましょう。
効果としては、

  • ① 脂肪燃焼効果:
    酸素を脂質と結びつけてエネルギーを作り出す運動なので、脂肪燃焼効果大。しかも内蔵脂肪から消費されるので、メタボでお悩みの方には嬉しい限り。
  • ② 心肺機能向上:
    全身の組織に血液(酸素)を送る心臓と肺の機能を心肺機能といいます。有酸素運動を継続すると、呼吸筋や心臓も鍛えられて、エネルギー消費が容易な身体になり、持久力も向上します。
  • ③ 生活習慣病の予防・改善:
    肥満や高血圧、高脂血症や糖尿病が原因で、動脈硬化が促進され脳卒中や心臓病などを引き起こします。有酸素運動は毛細血管を増やし、内臓脂肪を燃やし、高血圧や動脈硬化を抑える効果もあります。

加圧トレーニングは無酸素運動

無酸素運動(アネロビクス)は、糖質(筋肉に貯めておいたグリコーゲン)をメインにエネルギーにする、短時間&瞬発的な運動のこと。酸素を必要とせず、短時間しか運動できないけれど、筋肉を鍛えることができる運動です。そして、筋肉をつけることによって、基礎代謝が上がるのです。
いわゆる筋トレ、加圧トレーニング、短距離走などが、これに当たります。

つまり、ダイエットやメタボリックシンドロームの予防・改善を目指す人がするべきことは、「無酸素運動で筋量を増やして基礎代謝を上げ、脂肪のつかない身体を作り、且つ、有酸素運動で既存の脂肪を燃やす」ことが必要です。
有酸素運動、無酸素運動、どちらも大切なのです。

加圧の後に行うと効果的な有酸素運動の関連記事

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。