加圧の後に行うと効果的な<br />有酸素運動

有酸素運動の効果加圧の後に行うと効果的な有酸素運動のRSSを購読する

体脂肪の燃焼

有酸素運動の効果 画像1

有酸素運動を開始して20分後くらいから、体脂肪(中性脂肪、内臓脂肪)がメインのエネルギー源として使われます。
内臓脂肪が減ることによって生活習慣病のリスクが減り、ダイエットにも効果があります。
内臓脂肪は代謝が活発なので、つきやすいけれど落ちやすいもの。例えばウエストのサイズの変化などは、ダイエットを始めてから早い段階で「細くなった!」と気付くはずですよ。

心肺機能もアップ!

有酸素運動のトレーニングを続けていくと、心臓の筋肉が鍛えられて大きくなります。一回の呼吸で酸素を取り込む量を増やすことができるようになり、心拍数を上げなくても多くの酸素を取り込めるようになります。
また、比較的激しい運動をする場合にも、酸素で体脂肪を燃焼させてエネルギーとして使えるようになり、また取り込んだ酸素を無駄なく有効に使えるようになります。
つまりスポーツにおいては、無尽蔵ともいえる体脂肪を使って動けるので、長時間の競技でも高いパフォーマンスを保つことができるようになるのです。

疲労回復を早める効果も

有酸素運動の効果 画像2

心臓から送り出されてきた「動脈血」は、今度は「静脈血」として心臓へ戻っていきます。
足の筋肉を有酸素運動によって強化すると、足がポンプのような働きをして、静脈血を速やかに心臓へと送り返せるようになり、心臓の負担が軽減します。
このため、足は「第二の心臓」といわれています。また、疲労物質を押し流してくれるので、疲れを早く取ることができます。 有酸素運動とともにストレッチも行うと、より速やかに疲れを取ることができるでしょう。
有酸素運動はそれ自体が疲労物質(乳酸)を生じない運動なので、疲れがたまりません。だから長時間運動できるのです。

ストレスも解消できる!

体を動かして体内の余分なエネルギーを発散させることで、たまったストレスも発散され、気分転換になります。
体を動かすことはストレス解消法の基本であり、なかでも有酸素運動は最も効果的です。
無酸素運動をやりすぎると、運動中は苦しさがあり、運動後は疲労が残ってしまいます。これでは、ストレスがかかって長く続けられません。
有酸素運動の場合は、運動それ自体が楽なので、爽快感を感じるうえに疲労を残さない、つまりリラックスできる運動なのです。

糖尿病の治療としても効果的

有酸素運動は、血液中の余分な中性脂肪である悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やす効果があります。
これは動脈硬化を防ぐことになり、「脳梗塞」や「狭心症」、「心筋梗塞」といった生活習慣病の予防になります。そのため、「運動療法」として、医療の現場でも多く利用されています。
特に、糖尿病の治療にも利用されています。というのも、有酸素運動の始めの段階では血液中の糖質を主に使うので、インスリンの力だけに頼らずに血糖値を下げることができ、糖尿病の予防・改善につながるからです。

加圧の後に行うと効果的な有酸素運動の関連記事

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。