加圧の後に行うと効果的な<br />有酸素運動

有酸素運動の健康促進効果加圧の後に行うと効果的な有酸素運動のRSSを購読する

体脂肪の燃焼

有酸素運動の健康促進効果 画像1

慢性疾患とは高齢者に多くみられ糖尿病や高血圧に代表される長期間にわたって治療が必要な病気の総称です。慢性疾患はほとんどすべての病気の分野に存在し、高齢化が進んでいる現代ではこれに該当する人がとても増えています。
有酸素運動では心肺機能、酸素摂取能力の改善が期待できるため慢性疾患でも、特に冠動脈疾患、高血圧、大腸がん、2型糖尿病、骨粗鬆症の発症率を低下させます。

骨粗鬆症の改善

前項でも説明したように有酸素運動のトレーニングを続けていくことによって慢性疾患が改善されます。
中でも骨粗鬆症は、骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状をいい、中年以降に見られ、全体の患者の8割は女性です。日本においては1000万人、アメリカ合衆国では3000万人に症状が現れていると考えられています。症状としては背中が曲がることでおこる骨の変形や、骨性の痛み、日常生活程度の負荷でも骨折の原因となってしまいます。

骨粗鬆症はいわゆる高齢者の寝たきりにつながり、生活の質 (QOL) を著しく低下させてしまいます。有酸素運動によって骨粗鬆症の発症率が低下する理由としては運動によって身体に適度の衝撃が加わるためだと考えられています。さらに有酸素運動に加え身体が代謝によって日々失っていくカルシウムを摂取してあげることでより高い効果をあげられます。

うつ病の改善効果

有酸素運動に加え加圧トレーニングを組み合わせたトレーニングは有酸素運動の効果で不安や抑うつ感を軽減し、健全感を高めます。それに加え加圧トレーニングによって大量の成長ホルモンが分泌された結果起きる活力の増加、情緒の安定などの精神的作用は無気力、引きこもりなどのうつ病の症状に直接働きかけると考えられています。
運動不足で起こる睡眠障害や昼夜逆転の生活を加圧トレーニングと有酸素運動の運動強度の強くないトレーニングを習慣づけることで解消することでうつ病を改善します。

糖質と脂肪の燃焼

通常AT値以下の運動強度では糖質と脂肪の燃焼割合は50%ですが、運動強度をだんだん上げていくとやがて酸素摂取量を酸素消費量が上回り酸素不足になります。
そうなると体は脂肪を燃焼しなくなり脂肪の代わりに糖質をより多く燃焼させるようになります。
なのでダイエット目的の有酸素運動であれば運動強度が50%程度の軽い運動を長く続ける事が効果的だとされています。
実際に自分が正しい運動強度で動いているかどうかを知る指標になっているのが心拍数です。
ダイエット目的の運動というのは適切な心拍数を維持することで効果を得ます。無理をしては絶対に続きません。
運動のやり始めは頑張りすぎると筋肉痛になったり、倦怠感を覚えたりして不快な状況になりやすいものです。無理をせず、激しい疲れが身体に残らない程度に運動を重ねていくことでだんだんと結果は出てきます。

加圧の後に行うと効果的な有酸素運動の関連記事

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。