か

用語集

カルニチン

読み:カルニチン

カルニチン(carnitine)とは、生体の脂質代謝に関与するヒドロキシアミノ酸。

立体異性体のうち L-カルニチンのみが生体では利用される。以下は特に断らない限りL体について記述する。分子式は C7H15NO3、分子量 161.20、CAS登録番号(L体)541-15-1。

肉食により補給されるが、L-カルニチンはアミノ酸の L-リシンと L-メチオニンから生合成されるので、成長期あるいは出産期以外には特に補給する必要はない。食肉の中では、ヒツジ肉やカツオ肉に比較的豊富に含まれる。

脂肪酸はミトコンドリア膜を通過する前に酵素カルニチンアシルトランスフェラーゼの作用により細胞質内のアシルCoAがアシルカルニチンへと変換されてから、ミトコンドリアマトリックス内へと膜を通過する。その後ミトコンドリア内において再びカルニチンアシルトランスフェラーゼの作用により、アシルCoAが再生される。脂質代謝の補因子であるためかつてはビタミンBT と呼ばれたが、現在ではこの呼称はほとんど用いられていない。

近年は脂質代謝に関与することからダイエット用サプリメントとして注目を浴びている。もともと体内で造られている微量成分だが、加齢の問題や現代の多忙な生活の中で、不足しがちになると言われる。男性より女性に不足する傾向があり、肥満体型の人も不足傾向にある。アメリカの研究では1日500ミリグラム程度の L-カルニチンが必要だとされている。

引用元:「カルニチン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/

用語集トップに戻る

頭文字

  1. A
  2. B
  3. C
  4. D
  5. E
  6. F
  7. G
  8. H
  9. I
  10. J
  11. K
  12. L
  13. M
  14. N
  15. O
  16. P
  17. Q
  18. R
  19. S
  20. T
  21. U
  22. V
  23. W
  24. X
  25. Y
  26. Z

コンテンツ

現在連載中

  • メタボリックシンドロームとは?
    最近耳にするメタボリックシンドローム。太っているだけがメタボではないのです。判断基準とリスクのお話。
    メタボリックシンドロームとは?
  • 短時間でメリハリボディ加圧ダイエット
    加圧トレーニングでダイエットを目的としている人は多いはず。なぜ加圧がダイエットに良いのか紹介。
    短時間でメリハリボディ加圧ダイエット
  • 落ちにくい脂肪、落ちやすい脂肪
    脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があるのはご存知ですか?それぞれの性質や落とし方のお話。
    落ちにくい脂肪、落ちやすい脂肪
  • 加圧の後に行うと効果的な有酸素運動
    加圧トレーニングをした後の有酸素運動は、しない時よりも効果があるそうです。そんな有酸素運動のお話。
    加圧の後に行うと効果的な有酸素運動

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。