す

用語集

スロートレーニング

読み:スロートレーニング

スロートレーニングは筋肉トレーニング方法の一種。「スロトレ」とも呼ばれる。ゆっくりとした動作で筋肉に負荷をかける。例えば5kgのダンベルを2秒で上げ、10秒かけながらゆっくり下ろすなどの動作になる。
速い動作で重いものを持ち上げようとすると、全身の反動を使ってしまうことが多い。スロートレーニングでは鍛錬しようとする部位にじっくりと集中して負荷をかけ、その部位により確実に効かせようとする。
スロートレーニングは最初に遅筋を動員し、次いで中間筋、そして速筋のパワーを引き出す動作になっている。つまりこの動作によりすべての筋肉をバランスよく鍛えることができる。素早い動作のウエイトでは速筋のみが鍛えられるが他の筋肉の鍛錬が十分になされないため動作が逆に鈍くなることがある。
スロートレーニングの動作は一回当たりは時間をかけながら行うが、素早い動作でのウエイトほどの回数をこなす必要はなく、結果的には短時間でのトレーニングですむ。また、遅筋の鍛錬は基礎代謝率を上げ、体脂肪の燃焼に非常に効果的であるため、引き締まった身体を造るのに適している。

引用元:「スロートレーニング」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)2007年8月28日 (火) 11:26

用語集トップに戻る

頭文字

  1. A
  2. B
  3. C
  4. D
  5. E
  6. F
  7. G
  8. H
  9. I
  10. J
  11. K
  12. L
  13. M
  14. N
  15. O
  16. P
  17. Q
  18. R
  19. S
  20. T
  21. U
  22. V
  23. W
  24. X
  25. Y
  26. Z

コンテンツ

現在連載中

  • 高齢者向け加圧トレーニング
    負荷の軽い加圧トレーニングは、高齢者の筋力づくりにも役立っています。加圧を使った新しい健康管理のお話。
    高齢者向け加圧トレーニング
  • 筋肉には二種類あるって、知ってましたか? ~速筋と遅筋のお話~
    動物の運動をつかさどる筋肉組織、速筋と遅筋のお話。
    筋肉には二種類あるって、知ってましたか? ~速筋と遅筋のお話~
  • 加圧と組み合わせると効果的なインナーマッスルトレーニング
    外側の筋肉だけを鍛えるだけでなく、インナーマッスルという内側の筋肉も鍛える事の大切さが分かるお話。
    加圧と組み合わせると効果的なインナーマッスルトレーニング
  • 体をケアするコンディショニング
    筋力の強弱のバランスによってプロポーションは変わってきます。そこで必要なコンディショニングのお話。
    体をケアするコンディショニング

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。