ち

用語集

超回復

読み:ちょうかいふく

筋肉は、通常時では受けない強い負荷(過負荷・自重のみを利用したトレーニングでは、これが困難とされる)を受けると、筋肉を形成する筋線維の一部が損傷し疲労状態となり、一旦筋力が低下する。その後およそ36~72時間で元の水準まで回復したのち、再び同様の負荷を与えられた際に備え、元の水準を超えて筋線維を成長させようとする性質を持つ。この現象を超回復という。およそ過負荷から48時間~96時間が超回復期間とされ、この間は過負荷を受ける前よりも筋量または筋力が向上している。その後何もしないと再び元の水準に戻ってしまうが、超回復期間中に再び筋肉へ過負荷をかけてやることを繰り返すと、徐々に筋量・筋力をアップし続けていくことが出来る。逆に、超回復を待たずに毎日(疲労状態のまま)筋肉へ過負荷を与えるトレーニング等を行った場合、筋量・筋力の向上が難しいばかりか、怪我につながる恐れもある。これがウエイトトレーニングによる筋力アップの基本理論となる。基本的に、小さい筋肉ほど超回復までの時間が短い。

引用元:「超回復」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)2008年7月3日 (木) 03:44

用語集トップに戻る

頭文字

  1. A
  2. B
  3. C
  4. D
  5. E
  6. F
  7. G
  8. H
  9. I
  10. J
  11. K
  12. L
  13. M
  14. N
  15. O
  16. P
  17. Q
  18. R
  19. S
  20. T
  21. U
  22. V
  23. W
  24. X
  25. Y
  26. Z

コンテンツ

現在連載中

  • 高齢者向け加圧トレーニング
    負荷の軽い加圧トレーニングは、高齢者の筋力づくりにも役立っています。加圧を使った新しい健康管理のお話。
    高齢者向け加圧トレーニング
  • 筋肉には二種類あるって、知ってましたか? ~速筋と遅筋のお話~
    動物の運動をつかさどる筋肉組織、速筋と遅筋のお話。
    筋肉には二種類あるって、知ってましたか? ~速筋と遅筋のお話~
  • 加圧と組み合わせると効果的なインナーマッスルトレーニング
    外側の筋肉だけを鍛えるだけでなく、インナーマッスルという内側の筋肉も鍛える事の大切さが分かるお話。
    加圧と組み合わせると効果的なインナーマッスルトレーニング
  • 体をケアするコンディショニング
    筋力の強弱のバランスによってプロポーションは変わってきます。そこで必要なコンディショニングのお話。
    体をケアするコンディショニング

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。