1. 加圧ナビTOP
  2. 加圧 スポーツ
  3. コンテンツ
  4. ゴルフの飛距離を上げるには

ゴルフの飛距離を上げるには

記事一覧ゴルフの飛距離を上げるにはのRSSを購読する

  1. vol.04

    スムーズなねじれの動作ができる体幹部の強化

    ゴルフを始めたばかりの頃に通ったスクールで、バックスウィングは「身体を回して」と教えていただいていました。それでテイクバックを始める時にはいつも、頭の中で「回す、回す、回す・・・」と呪文のように唱えているのに、上手くいかない。
    コーチと自分のスイングイメージが合わないのです。

    あれから多少上達した今、スイングが安定してきて分かったことは、あれは「回す」というよりは「ねじる」というイメージの方が合っているようです。
    今回はねじることで生じるメリットと、ねじり(回転)をスムーズに行える身体づくりをテーマに、お話しを進めていきたいと思います。

  2. vol.03

    コックを上手に使うために、手首の安定を強化

    意外かもしれませんが、「ダフリやトップ」「飛距離不足」などは、コックに問題がある場合が多くみられるようです。
    手首が正しくコックされていないと、スイング全体に対していくつもの問題が起きてきます。
    ゴルフはスイングのどれか一つでもうまくいかないと、思いどおりの球を打つことはできません。
    コックの正しい使い方はゴルフのレッスンプロにお任せしますが、実は、正しいコックの使い方というよりは、「筋肉が足りないために、頭では正しい使い方を理解しているのに身体がついていかない」ことが問題である場合も多いのです。

  3. vol.02

    バランスを保つための下半身強化

    まず初心者が陥りやすい間違いは、ボールを遠くへ飛ばすには上半身の筋肉(特に腕の筋肉)を鍛えるべきだと勘違いしてしまうことです。
    しかし実際は、飛距離を出すためにクラブを振る際のヘッドスピードを上げるには、腕の力をなるべく抜き、肩周りをリラックスした状態にさせることが重要となってきます。
    腕に力を入れた状態でスイングを行うと腕が棒のように突っ張ってしまい、体幹部分の回転が制限されてしまうので、ヘッドスピードが上がらないのです。

  4. vol.01

    加圧トレーニングがプロゴルファーに人気の秘密

    ゴルファーなら誰もが、ドライバーでの飛距離を少しでも伸ばしたいと思うもの。
    女性ではありますが、私もその中の一人です。

    飛距離を伸ばすためにまず思い浮かぶ方法のひとつが、筋力アップです。

    しかし気をつけてください!
    ゴルフに必要な筋肉以外を鍛えてしまうと、かえってパフォーマンスの低下に繋がりかねません。
    これはすべてのスポーツに言えることで、目的や個人によって必要なトレーニングは違います。
    トレーニングを行う際は、抱えている問題点や癖を直しながら正しい動きを意識して、ゆっくりと力まずに行うことが、各個人に合う正しいフォーム改善への近道になるのです。

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。