1. 加圧ナビTOP
  2. 加圧 スポーツ
  3. コンテンツ
  4. 加圧×アスリートの現場

加圧×アスリートの現場

記事一覧加圧×アスリートの現場のRSSを購読する

  1. vol.04

    引退まで考えた選手が一度の治療で立ち直った症例

    今回ご紹介するのは、26歳の陸上選手。記録は、5000mが14分44秒、1万mが31分10秒。仕事は消防士で、1日おきに24時間勤務という生活状態。1km4分のペースで40分間の走りこみを週に3~4日行っているとのこと。
    問題は、社会人になった頃から両足のふくらはぎが痛み、スピードを上げる練習が何年もできないでいることでした。

  2. vol.03

    加圧トレーニングで筋力アップした症例

    今回ご紹介するアスリートは、アイスホッケーをしている高校生の男性です。
    瞬発筋と持久筋をつけたいとのこと。遅筋、速筋を鍛えるには、通常のトレーニングでは時間がかかりますが、加圧トレーニングなら短時間、短期間でも可能になります。加圧トレーニングのすごいところは、ひとつの動作で、硬い筋、靭帯、関節が同時に柔らかくなることです。
    その効果を高めるのが、装着圧とメニュー。また、加圧ベルトの種類も大切です。

  3. vol.02

    加圧トレーニングでないとダメな症例

    今年の7月10日、走者接触にて右膝を痛め、痛みで8月11日まで約1か月間も練習ができず、紹介にて来院されました。
    治療室に入ってくるのを見ると、完全に左側に重心をかけた歩き方になっています。右膝を少し屈曲しても痛むとのこと。
    そこで加圧トレーニングによって、いろんな角度の自重屈曲(自分の体重のみを負荷にして曲げること)をしてみました。当然適正圧を探りながのトレーニングを行った結果、痛みはかなり和らぎました。

  4. vol.01

    当院の治療と加圧トレーニング併用の症例

    アスリートの目的は、試合でいかに自分のもてる最高のパフォーマンスを発揮できるかです。
    当院ではその方の最高パフォーマンスのためのあらゆる補助(例えば障害となる怪我の治療や、欠点弱点の発見・開発指導、筋力・柔軟性アップ、メンタル面の強化、フォーム、潜在能力開発指導、栄養指導など)を行っています。

    そこで、短期間に劇的に効果があるのが、加圧トレーニングなのです。
    数分のトレーニングでも、痛みを伴っていた動作がラクにできるようになる。それと同時に、筋力を落とさず、むしろケガ以前よりも筋力アップすることも可能です。
    当院にかかるアスリートは、加圧トレーニングによる劇的な効果はよくあることなので、当然のことだと思っているようです。

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。