い

用語集

インディアカ

読み:インディアカ

インディアカ (独:Indiaca)はドイツ発祥のスポーツである。
羽根のついたボール(ボールのことも「インディアカ」と呼ぶ)を手(肘より先)を用いて4対4で打ち合う(世界ルールでは5対5)。
コートの広さはバドミントンのダブルスと同じ。
ルールはバレーボールに近く、サーブから始め、レシーブ・トス・アタックの三段構成で敵陣に3回以内でボールを返す。バレーボールと違うのは、原則片手でインディアカを打たなければならないことや、サーブ時の打点が腰より下であること、アタックをネットに引っ掛けて相手コートに返すことができない場合でも4回目に相手コートに入れれば有効打となること等である。
21点先取が一般的であるが、18点先取や制限時間制で行うこともある。ネットの高さは男子・男女混合215cm、女子・シニア男女混合200cm、シニア185cmなどが一般的。
ローカルルールが多いが、最近では前衛3名+後衛1名の新ルールを採用する大会が主となっている。
バレーボールよりも気軽にできるスポーツとして最近脚光を浴びている。羽が付いている分、バレーボールに比べてボールの落ちる速度が遅いため、ボールを拾いやすくなっている。
逆にアタックはバレーボールよりも速いが、ボールが軽いためバレーボールと比較すると怪我をしにくい。
生涯スポーツとして広められ、現在では各都道府県に協会ができ、日本国内に100万人の愛好家がいる。

引用元:「インディアカ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)2008年6月7日 (土) 14:11

用語集トップに戻る

頭文字

  1. A
  2. B
  3. C
  4. D
  5. E
  6. F
  7. G
  8. H
  9. I
  10. J
  11. K
  12. L
  13. M
  14. N
  15. O
  16. P
  17. Q
  18. R
  19. S
  20. T
  21. U
  22. V
  23. W
  24. X
  25. Y
  26. Z

コンテンツ

現在連載中

  • ゴルフの飛距離を上げるには
    加圧トレーニングがプロゴルファーに人気の秘密な理由。ゴルフに必要な筋肉を鍛えて飛距離を上げるお話。
    ゴルフの飛距離を上げるには
  • 加圧×アスリートの現場
    アスリートが加圧トレーニングで鍛えたりリハビリを行う事が増えてきました。アスリートの加圧利用法のお話。
    加圧×アスリートの現場

オススメ情報

  • 加圧トレーニング 東京

目的別施設検索

地域
目的

目的

加圧トレーニング器具紹介

知っていましたか?加圧トレーニング用のベルトには3種類あります。

  • 加圧マスター
    加圧マスター
    空圧式
    加圧トレーニング機
  • 加圧マスターミニ
    加圧マスターミニ
    ポータブル
    加圧トレーニング機
  • 筋力アップクンEX
    筋力アップクンEX
    汎用性が高く手軽な
    加圧トレーニングベルト

ご注意ください

加圧トレーニングは、認定資格施設のみが提供できるサービスです。
資格を持っていない方のサービスは禁止されており、大変危険です。

加圧認可施設様へ

  • 登録がまだの施設
  • 登録がお済みの施設

「加圧トレーニング」は、株式会社サトウスポーツプラザの登録商標です。

「加圧ナビ(KAATSU NAVI)」及び「加圧ナビ運営事務局」は、株式会社サイナプスの責任において運営されているインターネットサービスです。